News

ニュース
2017.05.16

「MobiConnect for Education」、「i-FILTER® ブラウザー&クラウド」 椙山女学園大学附属小学校でiPadをセキュアな環境で運用支援を実現

インターネットデバイスの遠隔管理ソリューションを提供するインヴェンティット株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:鈴木 敦仁、以下 インヴェンティット)と情報セキュリティメーカーのデジタルアーツ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:道具 登志夫、以下デジタルアーツ、証券コード2326)は、椙山女学園大学附属小学校(所在地:愛知県名古屋市、以下 椙山小学校)において、iPadをセキュアな環境で活用するため、インヴェンティットの「MobiConnect for Education」とデジタルアーツのスマートデバイス向けWebフィルタリング「i-FILTER ブラウザー&クラウド」が1人1台の運用支援体制を実現しました。

文部科学省では、「教育の情報化ビジョン」をもとに2020年までに「児童・生徒1人1台の情報端末による教育の本格展開の検討・推進」を掲げています。

学習用途としてタブレットが有効であるとはいえ、情報モラルや情報リテラシーが発達段階にある小学生が使うことについては、教員も保護者も不安が多くあります。また、教員においてもタブレットを活用した学習指導経験が少ないため、どのようなトラブルが発生するのか予測がつきません。児童に主体的なタブレット活用を促すためには、大人が自信を持って安心・安全を謳える環境が必要です。また、年齢や学年ごとに情報リテラシーや情報モラルが異なる教育機関においては、児童の成長に合わせた柔軟なフィルタリングの設定が求められます。また、数百台を越えるタブレットの管理・運用には、「端末の設定」や「アプリのインストール」、「児童・生徒の集中力の妨げ」など頭を抱えることが多く、それらを安心・安全かつ効率的に解決する手段が必要となります。

椙山小学校は2014年、同大学教育学部との共同研究をきっかけにICTの取り組みをスタートさせており、当時、椙山小学校は無線LANや電子黒板、教材提示装置などが整備されていたこともあって、Wi-FiモデルのiPadを用いて、1人1台体制における効果的なICT活用についての研究に取り組みました。

そこで、保護者や先生方の不安がもっとも多いインターネットに関するトラブルを防ぐことを最優先した結果、Webフィルタリングには、多くの教育機関で導入実績があり、フィルタリングできるカテゴリの項目が充実している「i-FILTERブラウザー&クラウド」が選ばれました。また、「子どもたちが安全にタブレットを活用した学習をするための環境」と「教育現場における効率的な運用」を実現するために、MDMには、iPad導入校の多くでの運用実績が豊富にあり、学校向けの独自機能が充実している「MobiConnect for Education」が採用されました。

現在、椙山小学校におけるフィルタリングについては、同校の情報化コーディネーターと共にブロックするカテゴリの項目を決め、さらには「i-FILTER Proxy Server」に設けられた校種別の設定を参考にして「i-FILTERブラウザー&クラウド」にも反映し、2016年度からは4年生と5年生の計140名を対象に、私物端末によるiPadの1人1台体制を本格実施しました。他にも1年生から3年生に対しては、学校共有のiPadやiPad miniを整備し、ICTを積極的に取り入れた授業を実践しています。

「MobiConnect for Education」と「i-FILTER ブラウザー&クラウド」を組み合わせることで、利用できるブラウザーを制限し安全にインターネットを利用できるほか、端末の設定や管理を一元化できるため、教育現場における安心・安全かつ効率的なタブレット活用環境の実現が可能です。

インヴェンティットとデジタルアーツは今後も教育のICT推進を支援するため学校への導入展開に向けて協業を強化し、児童・生徒の安心・安全なICT教育環境を実現すべく、両社の製品を積極的に推進してまいります。
 

つづきを見る

2017.05.16

[ 導入事例 ]椙山女学園大学附属小学校を公開しました

椙山女学園大学附属小学校への「MobiConnect for Education」導入についてお話を聞きました。

■ 椙山女学園大学附属小学校
http://www.mobi-connect.net/mce/success/detail.php?id=9

ICTの効果的な活用を通して、子供たちがより主体的に取り組めるアクティブ・ラーニングを実践し、将来に必要な論理的思考力の育成を目指す。子供たちの主体的な活動を支え、教師が見守りながら安心・安全に活用できる「MobiConnect for Education」の活用方法などについてお話を伺いました。
 

つづきを見る

2017.05.01

「第8回教育ITソリューションEXPO(EDIX)」出展のご案内

 この度インヴェンティットは5月17日(水)から19日(金)まで開催されます「第8回教育ITソリューションEXPO(EDIX)」に出展する運びとなりました。

出展ブースでは、教育現場のためのスマートデバイス管理サービス「MobiConnect for Education」について、多数の導入校さま自治体さまの事例を交えながらご紹介させていただきます。
ご多用の折とは存じますが、展示会へのご来場、弊社ブースへのご来訪を心よりお待ちしております。

【展示会名称】第8回教育ITソリューションEXPO(EDIX)
【開催日時】2017年5月17日(水)~5月19日(金)開場10:00~18:00
【会場】東京ビッグサイト(アクセスマップ http://www.bigsight.jp/access/transportation/)
【小間番号】13−001:学校業務支援ゾーン
【展示会ウェブサイト】http://www.edix-expo.jp/ja/
 

第8回教育ITソリューションEXPO(EDIX) インヴェンティット ブース

つづきを見る

2017.04.05

MDMサービス「MobiConnect」、「Norton Security」のオプション提供を開始

 Norton Security

インヴェンティット株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:鈴木敦仁、以下インヴェンティット)は、株式会社シマンテックのWindows向け総合セキュリティ対策ソフト「Norton Security(ノートン セキュリティ)」を、MDM(*1)サービス「MobiConnect (モビコネクト)」のオプションサービスとして提供開始したことを発表いたします。
*1:MDM(Mobile Device Management/モバイルデバイス管理)は、スマートフォンやタブレットに対して、端末紛失・盗難時の情報漏えい対策機能や、デバイスの導入・運用・管理を効率化するための機能などを提供するサービスです。

「MobiConnect」は、インヴェンティット独自MDMの高セキュリティ技術や、デバイス管理における運用管理を大幅に効率化するための豊富な機能により、市場において広く好評を博しており、現在多くの企業、教育機関などでご利用いただいております。Windows PCの軽量化やWindowsタブレットの普及に伴うモビリティの向上により、法人市場におけるWindows端末利用シーンにおいて、端末紛失時の情報漏えいリスクに対するセキュリティ対策ニーズが高まりつつあります。「MobiConnect」では、こういった課題に対して、iOSやAndroidといったスマートデバイス向け機能と同等のMDM機能をWindows向けにも提供強化しております。

今回提供する「Norton Securityオプション」では、MobiConnectを搭載するWindows端末が脅威(ウイルス)にさらされた場合の迅速な検出および除去をはじめ、サイバー犯罪者からの脆弱性(セキュリティーホール)を利用した不正侵入の防止、Webサイトの安全診断などの機能を提供します。“脅威に対する防御力”や“起動やWeb表示の快適さ”などで市場評価の高いシマンテックの「ノートン セキュリティ」を採用することで、「MobiConnect」が提供する端末紛失時の情報漏えい対策と合わせて、今まで以上にセキュアで快適なモビリティ活用を促進することが可能となりました。

今回の対応にあたり、BBソフトサービス株式会社よりエンドースメントをいただいています。

■ BBソフトサービス株式会社
BBソフトサービス株式会社は、インヴェンティット株式会社の「MobiConnect」にシマンテック社の「NortonSecurity」をオプション提供てきることを喜ばしく思います。今回の対応により、需要が増加しているWindows端末紛失における情報漏えいだけではなく、Windows端末側でのマルウエア感染や不正侵入による情報漏えいリスクを防ぐことができ、今まで以上にセキュアなWindows環境を提供できると確信しております。BBSSはインヴェンティット株式会社との連携をより深め、お客様に安心で快適なインターネット環境を提供してまいります。

つづきを見る

2017.03.07

Shared iPad(共有iPad)の画面設定に対応したMobiConnectの最新バーションを提供開始

  インヴェンティット株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:鈴木敦仁、以下インヴェンティット)は、MDM(*1)サービス「MobiConnect (モビコネクト)」の最新バージョンをリリースしたことを発表いたします。

本バージョン(Ver.25)では、Shared iPad(*2)の画面設定に対応しました。これにより、児童・生徒が共用で利用するShared iPadに対して、IT管理者がアプリ配置やフォルダ作成などの画面設定を遠隔から適用することが可能となります。その他、グローバルHTTPプロキシ設定対応などのWindows端末管理向け機能強化や、ユーザーエクスペリエンス向上のための改善など、企業や教育機関でのスマートデバイス管理の効率化に貢献する環境を提供いたします。

Shared iPad(共有iPad)画面設定に対応

<Shared iPad画面設定のデモ動画>

つづきを見る

  
page top