Case Study

事例・TIPS
このエントリーをはてなブックマークに追加
#

株式会社ドミノ・ピザ ジャパン

業種:サービス業/ #PDF (1.7MB)

MobiConnectで保護したiPadを店舗に配布、Eラーニングによる教育効率化を実現

宅配ピザ大手である株式会社ドミノ・ピザの質の高いサービスを支えているのは、しっかりした教育体制だ。Domino's Universityと呼ばれる組織を社内に持ち、効率的で実践的な教育に取り組んでいる。2013年、Domino's Universityが新たに取り組み始めたのが、iPadを使ったEラーニングだ。店舗に配布するiPadはInventitのMDMクラウドサービス MobiConnectで守られている。


Mission
・iPadの業務外利用やネットへの不用意な情報発信の防止
・ユーザによる勝手な機能制限解除を防止
・スタッフによる業務外コンテンツへのアクセスを禁止


Solution

・ MobiConnectにより利用させたい機能のみを開放
・ 構成プロファイルの削除を禁止、ユーザによる設定変更を防止
・オプションの併用によりURLフィルタリングを実施
 

MobiConnect for Business i-FILTER ブラウザーオプションの導入によりスタッフトレーニング用iPadの安全性を確保

店舗展開のスピードアップに伴い、店長候補育成も効率化が必要に

日本に初めて宅配ピザというビジネスを持ち込み、今では全国に250店舗以上を展開するドミノ・ピザ。特に近年の店舗展開のスピードは早く、1年間に50店舗近くが新規オープンしている状況だ。こうした展開で課題となっていたのが、店長となる人材の育成だ。

「ドミノ・ピザにはDomino's Universityという教育プログラムがあり、アルバイト店員から正社員、店長へ、さらに本部スタッフへの成長を支えています。店舗展開のスピードアップに合わせて、スタッフ育成のスピードも高めなければならなくなりました」

人材育成についてそう語るのは、株式会社ドミノ・ピザ ジャパン Domino's Universityの小原 健一氏。次々にオープンする店舗に質の高い人材を短期間で投入することが、小原氏に課せられたミッションだった。一方で、最新情報を店舗でのトレーニング に反映する仕組みも求められていた。当時は紙資料をベースにトレーニングが行われており、キャンペーン情報のアップデートが追い付かないなどの課題が指摘 されていたのだ。小原氏は、課題解決のために取組について次のように説明する。

「1年間に約10種類のキャンペーンが新規に展開されるのですが、トレーニング資料が最新のものではなかったりして店舗ス タッフにキャンペーン内容が行き渡らないという事態も実際に起こっていました。そうした課題を解決するために3年ほど前から検討を始めたのが、Eラーニン グの導入でした。目標は、現在2~3年かかっている店長教育を1年間に短縮すること、常に最新情報を反映した教材でトレーニングを行えるようにすることで した」
 

Eラーニングに使う端末は、スマートフォンやタブレット端末をいくつも試用した上でiPadに決定した。株式会社ドミノ・ピザ ジャパン 経営管理部の加藤 雄司氏はその理由をこう語る。

「Android端末は仕様が一律ではなく開発が難しい上に、同仕様の端末を継続的に入手できない恐れがありました。その点iPadなら、特定の画面サイズに最適化してコンテンツを作れるし、ほぼ同仕様の端末を引き続き購入できると考えました」

 

ユーザが設定変更できないことが決め手となりMobiConnectを採用

トレーニングにiPadを使うことが決まり、動画をふんだんに盛り込んだコンテンツの作成も決定した。残る課題は、店舗に配布するiPadのセキュリティ対策だった。

「トレーニングコンテンツを配信するネットワークと業務用のネットワークは切り分けられているので、顧客情報等が 漏洩する心配はありません。しかし業務時間中にプライベートなWebサイトを見に行ったり、SNSへのアクセスによって想定外の情報が流れることは防がな くてはなりません」

そう語るのは、MDM製品の選定に当たった株式会社ドミノ・ピザ ジャパン 経営管理部の山下 誠一氏だ。挙げられた要件は、想定した用途以外に使われないよう機能を制限できること、URLフィルタリングが可能なこと、スタッフが勝手にセキュリティ 設定を解除できないこと。特に3つ目の要件を満たす製品を見つけるのが大変だったと、山下氏は言う。

「構成プロファイルによってiPadの機能制限が行われるということは、ネットで調べればすぐにわかります。セ キュリティを確保するためには、ユーザが勝手に設定変更できない工夫が必要です。選定当時はいくつもの製品を比較検討しましたが、構成プロファイルをユー ザ側で削除させないように設定出来るのはInventit社のMobiConnectだけでした」
 

選定当時、MobiConnectにURLフィルタリングの機能は備わっていなかったが、デジタルアーツ社のi-FILTERとの連携が予定されていたことも選定の後押しとなった。

2012年1月、30台のiPadがモデル店舗に配布された。当初はMobiConnectと製品版のi-FILTERを組み合わせての導入だった。

 

全国252店舗への展開完了。コンテンツ改良など次の段階へ

紙資料からiPadによるEラーニングへと移行したことで、店長主導によるトレーニングではなくスタッフの自発的なセルフトレーニングが可能になっ た。トレーニングステップの全体を見渡し、自分の理解度を把握しながら進められるため、意欲的なスタッフは大きな伸びを見せるようになったという。

「2013年4月には残りの店舗にも展開し、今では日本国内の252店舗すべてで、iPadが使われています。全国展開し たiPadにはMobiConnect for Business i-FILTER ブラウザーオプションを導入したので、今後のMobiConnectとURLフィルタリングの連携にも期待しています」

山下氏は、本格導入ステップについてそう教えてくれた。URLフィルタリングには業務外のコンテンツを見ないように制限する効果だけではなく、どのようなサイトを見ようとしていたかチェックする効果もあるのだという。

「MobiConnectのおかげで安心して使える環境を整えてiPadを配布することができました。今後は店舗からのフィードバックを受けながらコンテンツの改良を進め、より教育効果の高い環境づくりを進めていきます」
 

加藤氏は、MobiConnectへの信頼感と今後の期待を込めながらそう語った。MobiConnectが支えるドミノ・ピザのトレーニング効率化への取り組みは、これから本格的な効果を上げていくことだろう。

※「 i-FILTER」はデジタルアーツ社製Webフィルタリングソフトです。
※「iPad」は、米国、Appleの商標または登録商標です。
※「Android」は、Google Inc.の商標または登録商標です。
※「デジタルアーツ/DIGITAL ARTS」、「i-FILTER」は、デジタルアーツ株式会社の登録商標です。
※ その他、記載の会社名、製品名は、それぞれの会社の商標または登録商標です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

企業プロフィール

#

株式会社ドミノ・ピザ ジャパン

1985年に東京恵比寿にオープンした1号店を皮切りにして、日本に宅配ピザという新市場を開拓した株式会社ドミノ・ピザ。焼きたてのピザを30分以内に届けるというシステムは世界で受け入れられ、全世界で1万以上、日本国内だけでも250以上の店舗を展開している。顧客だけではなく従業員の満足度向上にも力を入れており、その姿勢は充実した社内教育制度として結実している。

東京都千代田区岩本町1-10-3 紀繁ビル4・5F

http://www.dominos.jp/

一覧にもどる

   
page top