Case Study

事例・TIPS
このエントリーをはてなブックマークに追加
#

中小企業がMobiConnectを導入すべき3つの理由

スマートデバイスの業務利用に絶対必要なのは、デバイスを管理する「MDM」です。
しかし中小企業にとって、新しく管理するものが増えるのは大きな負担。
そこで選択すべきは、簡単に高度な管理が行える「MobiConnect」です。専任のIT担当者がいなくともしっかりデバイス管理ができる、中小企業にとって最適なソリューションです。/ #PDF (0.7MB)

スマートデバイスを管理して情報漏洩を防ぐ「MDM」

MDMは「Mobile Device Management」の略で、スマートデバイス等の管理を行なうためのソリューションです。ソリューションによって機能は違いますが、基礎的な機能として、登録した端末をリモートでロックしたり、中見の情報を削除(ワイプ)したりといったものがあります。高機能なものなら、端末の内部設定をコントロールや、利用状況の把握、機能制限といったことも行えます。

そしてこうした機能によって、情報漏洩を防ぎます。端末の紛失や盗難といった「うっかり」にも、不正利用などにも備えるためにMDMは非常に有効であり、スマートデバイス活用になくてはならないソリューションです。

【Point1PCにアンチウィルス、スマートデバイスにMDMが「常識」!

そこまできちんとした管理は必要ないのでは、と考えるのは危険です。忘れないように気をつける、不正利用がないように教育をする、というだけでは不十分なのです。

MDMは「必要かどうか」を考えるものではありません。きちんとした企業なら、PCにはアンチウィルスソフトを導入しているでしょう。PCを使う上で非常に基礎的な安全対策です。MDMはスマートデバイスを活用するにあたっての、それと同じポジションにあります。

スマートデバイスを使うなら、MDMを導入するのは「常識」。それくらいに考えておくのがお勧めです。

【Point2中小企業ほど情報漏洩に神経質であるべき!

中小企業といっても、取引先は大企業であったり、行政機関であったりといろいろです。そして従業員数が少ないほど、1人が携わる情報は多くなります。

1人がうっかり電車の中に置き忘れただけで、もしMDMがなかったら大事件につながります。取引先の需要情報まで漏洩して企業の存亡に関わることになるかも......と考えると、MDMの必要性が強く感じられるはずです。

【Point3スマートデバイスは紛失&盗難リスクがPCよりずっと高い!

スマートフォンやタブレットは、ノートPCと比べて圧倒的にコンパクトで軽量です。そして、どこへでも持って行けますし、どこででも使えます。そのせいで、紛失のリスクはPCと比べてずっと高いのです。また、中古で売却すればそれなりの価格になることもあり、盗難リスクもあります。

スマートデバイスを使うからには、必ず紛失した場合のことを考えなければなりません。ノートPCがバッグに入っていなければ気づく人でも、スマートフォンでは気づけないでしょう。ノートPCで大丈夫だったから平気、は通用しません。

選択すべきは「MobiConnect for Business」!

MDMが必要であるなら、できるだけ簡単に使えて安く済ませられるものがよい、というのが中小企業の本音でしょう。中小企業の場合、専任のIT管理者が存在せず、あまり難しいことや手間のかかることまではできないというのはよくある話です。

その点「MobiConnect」の企業向けソリューション「MobiConnect for Business」は、無理なく利用できます。多機能でわかりやすいMDMを、できるだけ低コストで導入したいという要望にしっかり応えてくれるのです。

全端末への設定配信にMacいらず!

iOS搭載デバイスに設定配信を行なおうとすると、多くの場合はMacが必要になります。本来の業務に不要なMacを端末管理だけのために購入するというのは中小企業にとって大きな負担ですが、「MobiConnect for Business」ならその必要がありません。管理画面で作った設定を、簡単に端末へ配信できます。

端末ごとに違う設定の配信もまとめて配信

メール設定のように1端末ごとに違う設定を配信するのも「MobiConnect for Business」なら簡単です。1台ずつに設定する必要はなく、基本設定と、端末ごとの設定をまとめたCSVファイルを用意すれば一括配信できてしまいます。管理者の負担が大幅に軽減される機能です。


マルチOS/キャリア対応で自由な端末採用が可能

簡易なMDMは各キャリアが企業ユーザー向けに提供していますが、それだと特定キャリアの端末しか利用できません。コスト削減のためにWi-Fiモデルも利用したい、マネジメント層と現場スタッフとで端末に必要とする機能が違う、というのはよくあることですが、そのためにはマルチOS・マルチキャリアでなければなりません。

「MobiConnect for Business」は、もちろんマルチOS・マルチキャリア対応です。iOSとAndroidに対応しているのはもちろん、Windows端末Mac OS端末も管理可能。WindowsタブレットやノートPCまで含めた管理が行えます。

4つのプランを組み合わせればコストメリットもたっぷり

「MobiConnect for Business」には、遠隔ロックとパスワードポリシー、遠隔設定の「BYOD」、基本的な遠隔ロック&ワイプと情報取得だけを行なう「Entry Plan」と、さらに遠隔設定もできる「Basic Plan」、そして遠隔監視やデバイス制限までできる「Standard Plan」という4つのプランが用意されています。
もともと高機能な企業向けMDMとしては安価な製品ですが、使っている端末やユーザーの持つ権限、仕事の内容に合わせてプランを自由に組み合わせ可能ですから、ムダのない導入ができます。

豊富なオプションで方針に合せた利用ができる

高機能なMDMというと、自社に不要な機能がたくさん入っているのかと考えるかもしれません。しかし「MobiConnect for Business」はプランの種類とオプション利用で機能数をコントロールできます。
アプリの配信や利用制限にまで踏み込むかどうかは難しいポイントですが、「MobiConnect for Business」の場合は必要な場合にオプション(「mobiApps(モビアップス)」)で機能を提供してもらえます。同じく、ウィルス対策(「McAfeeアンチウィルスオプション」)やWebフィルタリング(「i-FILTERブラウザーオプション」)、電子証明書(「電子証明書オプション」)、管理端末同士でのみコミュニケーションを行なうためのチャット機能(「MoChat(モチャット)オプション」)など、スマートデバイスの利用と管理に必要な機能を、必要な時に追加することだけ取得するムダのない利用が可能なのです。

国産&国内サポートの安心感は見逃せない!

スマートデバイス活用は海外の方が進んでいることもあり、有名な高機能MDM製品は海外メーカー製のものが多いのが実情です。しかしその場合、メニューやヘルプのわかりづらさ、日本語対応の速度、いざという時のサポートに不安が出てくることでしょう。
その点「MobiConnect for Business」は日本企業であるインヴェンティットが提供しています。開発もサポートも日本のスタッフが行なっていますから、日本企業の要望と問い合わせへの対応に心配はありません。

Windows対応で「Surface 3」採用にも安心

これからスマートデバイス導入を考えている中小企業に「MobiConnect for Business」を強くお勧めしたい理由に、先に述べたマルチOS対応があります。

マルチOS対応であり、Windowsデバイスも管理できるということは、今大注目の「Surface 3」をはじめとしたWindowsタブレットが採用しやすいということです。オフィスではWindowsのノートPC、外出先ではiPad、というような使い分けをするのはコスト面でも使い方の面でも厳しいという中小企業が多いはず。

中小企業では購入・管理する端末数をできるだけ減らしたいものですし、1人の担当する業務が多いせいで閲覧だけに特化したデバイスを外出中に持っていれば事足りるというわけにも行きません。外出先でもしっかり作業ができるもの、1人1台で全てをまかなえるもの、と考えるとWindowsタブレットは大きな選択肢になります。

「MobiConnect for Business」なら、何の心配もいりません。Windowsタブレットが充実してきた今こそ、こうしたマルチOS対応のMDMが求められているはずです。

高機能を必要に応じて使える国産MDM「MobiConnect for Business」で正解!

とりあえずコンパクトに導入してから必要な機能についてゆっくり考えたい、ムダのない導入をしたい、将来的に幅広い端末をまとめて管理したい。そうした企業の要望に、「MobiConnect for Business」はしっかり応えます。もう何を選べばよいのか、迷う必要はありません!

この記事に掲載されているデータは2015年07月28日時点のものです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

一覧にもどる

   
page top