2017.06.12

教育現場

学校のタブレット端末管理方法とは?MDM機能も紹介

GIGAスクール構想により、生徒1人1台のタブレット端末が配られるようになりました。実施にタブレットをどのように管理していくべきか、その点に頭を悩ませているという学校も多いのではないでしょうか。

そんな悩みを解決するのが、MDM(Mobile Device Managementの略)。弊社が提供しているMDM「mobiconnect for education」は1000校にものぼっており、教育分野での利用実績が数多くございます。今回は、MDMの活用方法を、既にmobiconnectを導入している学校の先生が実践している具体的な活用シーンを交えて紹介したいと思います。

MDMとは

MDMとは「Mobile Device Management」の略称です。モバイルデバイス管理の意味となりますが、効率的にデバイス管理を行うためのソフトウェアやシステムが多くの会社から提供されています。

教育分野はもちろん、企業での利用も数多くあります。セキュリティ対策やアプリ配信といった作業を端末1台ずつセッティングする必要なく、一括で管理・操作できる点がMDMのメリットだと言えるでしょう。

mobiconnect(モビコネクト)とは?

mobiconnect(モビコネクト)は教育分野向けの「for education」と、企業向けの「for business」の2種類でMDMを提供しています。完全国産MDMとして、導入時のヒアリングからキッティング、導入後のサポートまでしっかり行っています!

文教市場ではシェアNo.1(※)の実績となっており、安心してご利用いただけます。

※テクノ・システム・リサーチ社「エンドポイント市場調査レポート2020-2021」より

学校・教育現場で特に利用されるMDMの機能とは?

それでは、学校や教育現場では、MDMのどういった機能がよく利用されているかを見ていきましょう。学校のタブレット管理って何すればいいの?という方も、もっと効率化していきたいとお考えの方も、ぜひチェックしてみてください。

キッティング・アプリ配信機能

最も活用されているのは、タブレット端末を学習で利用するためのキッティング(校内のWi-Fiに接続するための設定など)やアプリを配信する機能です。この機能は、導入前のキッティングを効率化するためにも活用されますが、児童・生徒にタブレット端末を配った後に、設定の変更が必要となった場合やアプリのインストールやアップデートを行うといった場合に、最も価値を感じられる機能です。

アプリを例にすると、ほとんどの教育機関ではタブレット端末の導入段階で、ロイロノートやMetaMoji、テックキャンバス、schoolTaktなどの授業支援アプリの活用が検討されていると思います。しかし、端末の導入後にあのアプリも使いたい、このアプリも使いたいといった要望がでてくることは日常的に発生します。世の中には学習に活用できるアプリがたくさんあり、進化もしていきます。教科によっても、先生ひとりひとりが考える授業設計によっても、利用したいアプリが異なる場合が多いため、端末導入前の計画段階で全てを洗い出すのが難しいのは当然だともいえるでしょう。

そのような状況下で新しいアプリを使おうとするたびに、タブレット端末を回収してセットアップを行ったり、授業時間内で児童・生徒自身にアプリをインストールさせるのは非効率的ですし、授業時間を奪ってしまうことにもなります。

そんな場合も、mobiconnect for educationを使えば、タブレット端末に触れることなく各タブレットへのアプリの配信が可能です。児童・生徒は気づいたら自分のタブレットにアプリがインストールされているといった具合に、スムーズに学習環境を整えることが可能です。
実際に「明日の授業で○○のアプリを使って○○したいといった場面でも、mobiconnectがあったから手間なく実現できた」という声をいただくことが多くあり、先生方のチャレンジにスピード感を加えるツールとしても貢献できていると自負しています。

学校・教育現場におすすめのタブレット管理方法

MDMには、タブレット端末を盗難・紛失してしまった時の情報漏えい対策機能や、タブレット端末の一部機能を制限するといったセキュリティ機能もあります。

教育現場において、生徒・児童の端末にどこまで制限を設けるかというのはひとつのテーマだと言えるでしょう。「児童・生徒たちにはタブレット端末を自由に使わせたい」という先生の声をよく聞く一方、不安だからという理由で、ガチガチに制限してしまうケースも見られます。

では、生徒・児童向けにどう管理していけばいいのかというと、方法として以下の3点が挙げられるのではないかと考えています。

・明らかに学習に不適切な利用を制限する
・情報モラルや情報リテラシーの理解度や習熟度に応じて段階的に対策する
・児童・生徒のタブレット活用状況を見守る

具体的にどういった内容か、詳しく見ていきましょう。

学習に不適切な利用を制限する

例えば、児童・生徒がタブレット端末を使ってアダルトサイトや出会い系サイトを見ていたらどうでしょうか。児童・生徒に自由な環境を与えたい場合でも、教育上不適切な情報に容易にアクセスができる環境が好ましいとは言えません。

この対策としては、mobiconnectのオプションで利用可能な「i-FILTERブラウザー」が活用されています。カテゴリー指定でWebフィルタリングが可能です。

段階的に自由度を高める

いくら「自由に」といっても、その段階というのは考慮して欲しいポイントだと言えます。ICT機器に慣れ親しんだ現代の子ども達は、タブレット端末を使うこと自体はすぐに適応しますが、タブレット端末を利用方法や、タブレットを通じて得る情報の良し悪しを判断する力が備わっているかどうかは別の話です。情報モラルや情報リテラシーの理解や習熟とともに段階的に自由度を高めていくのも選択肢の一つだと考えています。

例えば、ある学年になったらYouTubeの閲覧を許可するといったように、年齢や発育段階に応じて制限を緩和するといった取り組みをしている学校もあります。適切な制限を設けることで、児童・生徒の発育を段階にあわせて促進できるのではないでしょうか。

もちろん、制限の緩和・追加もmobiconnectを使えば簡単に行えます。学年ごとの制限ポリシーを設けることもできますので、作業の手間を心配する必要はありません。

児童・生徒のタブレット活用状況を見守る

MDMには、端末にどんなアプリが入っているのか、不正改造は行われていないかなど、タブレット端末がどのように利用されているのかを把握する機能もあります。この機能をうまく活用することで、決められたルールの中で児童・生徒が自ら考え行動できる環境づくりができます。

ゲーム系アプリは使ってはいけないというルールを作った場合を例にします。
MDMでは児童・生徒が自由にアプリをインストールできないように制限することもできますが、制限はかけずに児童・生徒がルールを守って使うことを重要視し、ルール違反があったら指導につなげるといった使い方もできます。
mobiconnectであれば、ルール違反を自動で検知して先生にメールでお知らせする機能もあるので手間もかかりません。制限ではなく「見守る」選択をすることで、生徒の自律性を促すこともできるでしょう。

タブレット端末もMDMも使い方次第

とある学校の先生との会話の中で、前述のi-FILTERブラウザーにあるログ機能について、こんな話がありました。

「生徒がどんなキーワードで検索をしたのかを把握できることで、生徒がいま何に興味を持っているのかを知ることができる。関心の高いキーワードを授業に取り入れると、生徒の食いつき方が全然違う」

ログをとるというと、どうしても監視をしているというネガティブな発想になりがちですが、「なるほどな、そんな使い方があったのか」と唸らされた瞬間でした。

タブレット端末もMDMも、使い方ひとつでその価値は大きく変わってきます。MDMによる「管理」を、「制限する」ではなく「見守る」「明らかに対策が必要なところをケアする」という感覚で考えることで、とるべき対処が明確になり、MDMを利用する価値は何倍にも膨らみます。学校にタブレット端末を導入した3年後、5年後にどうなっていたいのかを見据えた活用を進めるために、当社でお力になれることがあれば、全国どこでも飛んでいきますので、お気軽にご相談ください。

まとめ

今回は、学校現場でのタブレット端末管理方法について解説していきました。実際どのようにタブレット管理をしていけばいいのかわからないと、お悩みだった方も具体的なイメージをもって運用や管理の方法が見えてきたのではないでしょうか。

mobiconnectでは導入時にヒアリングの上、最適の運用方法をご提案いたします。タブレット管理には不可欠のMDM、ぜひお悩みの場合はmobiconnectにご相談ください!