2022.04.15

ビジネス

SaaS一元管理ツール「メタップスクラウド」とは?料金や評判を詳しく紹介

近年のリモートワーク増加によって、企業が利用するSaaSも増加しています。SaaSは必要なソフトウェアを特定の環境を構築することなく、自由に組み合わせて利用できる点が最大のメリットです。

しかし、サービスごとにアカウントを発行する必要があるので、利用するSaaSが増えるとそれだけアカウント数も増加してしまいます。

SaaS一元管理ツールは、複数のSaaS利用時のアカウント管理を効率的におこなうためのツールです。SaaSの利用拡大に伴って一元管理できるツールに注目が集まっています。

今回は、SaaS一元管理ツールのなかでも、高機能で対応SaaSの幅が広いメタップスクラウドについて詳しく紹介します。

デバイス管理やセキュリティ対策のお悩み、
MDM導入で解決しませんか?
【 ただいま無料相談実施中! 】

メタップスクラウドとは?


メタップスクラウドは複数のSaaSを一元管理できるクラウドサービスの1つです。メタップスクラウドを利用することで、すべてのSaaSのアカウント情報や利用状況、コストなどをまとめて管理できます。

メタップスクラウドは、SaaS導入によって新たに生じる課題を解決するために開発されました。SaaS最大のメリットの1つに環境構築や無駄なパッケージを購入することなく、必要なソフトウェアだけを手軽に導入できることがあります。

しかし、サービスごとに個別に導入できる点はメリットだけではなく新たな課題もうみだしました。サービスごとに発行する必要があるアカウントの管理工数、利用状況やコストの分散によって全体像の把握が困難になってしまう点です。

メタップスクラウドで一元管理をすることで、管理工数の削減や管理ミスのリスク低減、利用状況やコストといった全体像の把握が容易になります。

>>メタップスクラウド導入のご相談、お問い合わせはこちら!(無料)

メタップスクラウドの特徴


メタップスクラウドはSaaS導入に伴うさまざまな課題を解決するツールです。とくに、利用するSaaSの数が増える際に問題となるアカウント管理工数やセキュリティ上のリスクを大幅に低減してくれます。また、利用状況の把握も容易になるのでコスト削減につながる点も大きなメリットです。

SaaS利用状況の可視化

メタップスクラウドの特徴の1つはSaaSの利用状況を可視化することです。利用状況の分析はSaaSごと、組織ごと、個人ごとにできるためあらゆる角度から全体の状況を把握できます。

SaaSは必要なサービスだけを導入できる一方で、管理が分散してしまうので全体像の把握がしにくくなる点がデメリットです。組織ごとや個人ごとにどの程度利用されているのか、コストがいくらかかっているのかが個別管理だとわかりにくくなってしまいます。

必要なソフトウェアやコストの妥当性を的確に判断するには全体像の可視化は必要不可欠です。メタップスクラウドでSaaS全体の利用状況を可視化すると効率よく一元管理できます。

SaaS管理の効率化

メタップスクラウドによって契約しているSaaSやアカウントの管理を効率化できます。複数のSaaSのアカウント発行をおこなえるほか、アカウントの一覧表示によって利用していないアカウントの把握も可能です。

複数のSaaSを利用しているとアカウントの管理工数が肥大化していきます。契約するSaaSが増えるほど掛け算で管理すべきユーザー数が増えていく点にも注意が必要です。

また、管理工数が増えることで細やかな運用が難しくなってしまいます。SaaSを利用する際は、サービスごとに必要なユーザーを絞り込んでアカウント発行をすることが重要です。しかし、管理工数の増大によって細かな管理ができなくなってしまうと、サービスをほとんど利用していない組織やユーザーに対してアカウントを発行しているケースも発生して無駄なコストがかかってしまいます。

SaaSをより効率よく利用するには綿密なアカウント管理が必要です。メタップスクラウドを導入することで管理工数とコストを削減し、効率よくSaaSを管理できるようになります。

>>メタップスクラウド導入のご相談、お問い合わせはこちら!(無料)

SaaSセキュリティの向上


メタップスクラウドによるSaaSとアカウントの一元管理は、セキュリティ面でも大きなメリットがあります。利用端末やブラウザの制限が可能なほか、社内のセキュリティルールを部署ごとに設定することも可能です。また、1つのアカウントで複数のSaaSへのログインを実現するシングルサインオンも利用できます。

SaaS導入によるメリットの1つはリモートアクセスの実現です。SaaSを利用することでユーザーはさまざまな場所で業務をおこなえます。一方で、ユーザーの利用環境が多様化するとセキュリティ上のリスクが生じる点がデメリットです。また、SaaSによって異なるアカウントをユーザー自身で管理する必要があり、漏洩のリスクも無視できません。

シングルサインオンによってユーザーのアカウントが1つになれば管理が容易になり、万が一漏洩した際もすばやく対処できます。さらに、管理側が利用端末や環境を把握、制限できる点も重要です。さまざまな場所からのアクセスでも一定のルールで運用できるので、不正アクセスの検知がしやすくなりセキュリティ上のリスクを大幅に低減できます。

>>メタップスクラウド導入のご相談、お問い合わせはこちら!(無料)

デバイス管理やセキュリティ対策のお悩み、
MDM導入で解決しませんか?
【 ただいま無料相談実施中! 】

メタップスクラウドの対応SaaS


メタップスクラウドの対応するSaaSは100種以上。ZoomやSlack、チャットワークなど多くの企業が利用するサービスは基本的にほぼ網羅しています。

メタップスクラウドをはじめとする複数のSaaSを一元管理できるいわゆる「シングルサインオン」と呼ばれるサービスを選定する際は、対応しているSaaSの確認が重要です。自社の利用しているSaaSが対応SaaSに含まれているサービスを選びましょう。せっかくシングルサインオンサービスを導入しても利用しているSaaSが対応していなければ意味がありません。

また、現在利用しているSaaSだけではなく将来利用する可能性のあるSaaSに対応していることも大切な検討事項です。100種類以上のSaaSに対応しているメタップスクラウドであれば、今検討していないSaaSも含めて将来導入するSaaSの選択肢が広がります。

>>メタップスクラウド導入のご相談、お問い合わせはこちら!(無料)

メタップスクラウドの料金プラン

項目1 ライトプラン※ フリー スタンダード ビジネス プレミアム
月額料金 年間契約のみ 無料 350円/1人 450円/1人 550円/1人
年間 66,000円/10人まで 3,850円/1人 4,950円/1人 6,050円/1人
契約期間 年間 無制限 月・年間 月・年間 月・年間
SaaS数 無制限 ~5 ~30 ~100 無制限

※ライトプランはSaaS管理のみ
※表はすべて税抜価格

メタップスクラウドは基本的に利用するSaaSの数によって料金が分かれています。SaaSの利用数によって細かく料金プランが設定されているので、SaaSの利用数が少ない場合でも無駄なコストが発生しません。また、サービス導入を検討する際に無料で始められる点も大きなメリットです。さらに、ユーザー数が少ない場合はライトプランも用意されています。

契約期間の選択肢が年間と月間の2種類から選べる点も導入を検討する際には重要です。たとえば、導入時は月間契約で数ヶ月運用効果を確認することもできますし、会計年度に合わせることもできます。

>>メタップスクラウド導入のご相談、お問い合わせはこちら!(無料)

メタップスクラウドがおすすめの企業


メタップスクラウドは、基本的に複数のSaaSを利用している企業ならほとんどの企業におすすめです。複数のSaaSを利用することで生じる、アカウントとセキュリティの管理やコストの把握といった課題を高度な一括管理機能によって解決してくれます。

SaaSは必要なサービスだけを利用できる点がデメリットですが、一方で複数サービスにコストが分散するので全体像の把握が困難になるのがデメリットです。また、発行するアカウントはSaaSの数と利用するユーザー数で掛け算増加するので、アカウント管理工数は想像以上に大きくなります。当然アカウント数が増えればそれだけセキュリティ上のリスクが高まる点も無視できません。

メタップスクラウドには複数のSaaSを運用する上で必要不可欠な機能が備わっています。SaaS全体の利用状況を組織やユーザー単位で把握できるほか、アカウント登録の一元化や利用していないアカウントの洗い出しといったあらゆる角度での分析と管理が可能です。さらに、対応しているSaaSは100種類以上にものぼります。将来性も含め対応可能なSaaSの選択肢の幅が広い点も多くの企業におすすめする理由です。

>>メタップスクラウド導入のご相談、お問い合わせはこちら!(無料)

メタップスクラウドの口コミ評判


メタップスクラウドはまだ新しいサービスなので、残念ながら現時点で口コミや評判は見つかりませんでした。しかし、新しいサービスだからこそ多くの課題を解決するサービスになっていることは間違いありません。

すでに100種以上のSaaS企業と連携し、さらに現在も連携企業は増加しています。シングルサインオンサービスにとって対応するSaaSの数は重要です。管理機能の充実はもちろん、もともと連携サービスも豊富なメタップスクラウドの利用者は今後増加していくことが予想されます。

>>メタップスクラウド導入のご相談、お問い合わせはこちら!(無料)

まとめ

SaaSの普及と共に問題となっているのが管理工数の増加やコストも含めた全体像の把握です。メタップスクラウドをはじめとするシングルサインオンサービスは、SaaSを利用する上で欠かせないサービスになりつつあります。運用の効率化を図るため、利用するSaaSの一元管理が求められるようになってきたためです。また、リモートワークの一般化に伴ってユーザーの利用環境も多様化しているためセキュリティ面の管理もより一層求められています。

SaaSの活用が進むなかで複雑化する管理は、ただシングルサインオンができるだけのツールでは効率化できません。アカウントの一元管理だけではなく、高度な利用状況の分析やユーザーの利用環境制御などが必要不可欠です。

>>メタップスクラウド導入のご相談、お問い合わせはこちら!(無料)