2015.05.25

コラム

MDMとは?デバイス管理を安全・効率的に行う方法

テレワークの推進や教育のICT化が広まるなか、実際の現場ではデバイスの運用・管理についての問題を抱えているのが現状ではないでしょうか。大量のデバイスの管理をどうすればいいのかわからない、作業をもっと効率的に行いたいと悩んでいる企業や組織も多いのではないかと思います。

この課題を解決できるのが、今注目されているのがMDM(モバイルデバイス管理)と呼ばれるものです。MDMにはどのような機能があり、どう便利になるのか、詳しく紹介していきます。

MDMとは?

MDM(Mobile Device Management:モバイルデバイス管理)とは、スマートフォンやタブレットを、管理・運用するためのソフトウェアのことを言います。端末情報のバックアップ、紛失時の第三者による不正利用対策、アプリや顧客情報の配布・更新、各使用者による想定外の機器利用などを実現するスマートデバイス運用のサービスとして、数多くの企業で活用されています。また近年では、教育現場でのタブレット利用が広まったことから、学校でも広く使われるようになりました。

MDMで出来ること

MDMで出来ることは多岐にわたりますが、大きく区分すると以下の3つが可能となります。

・保有するデバイスの一括管理
・情報漏えいといったセキュリティ対策
・不正利用の防止

細かく挙げればVPN設定や遠隔ロック、アプリの利用制限、一斉配信など様々なことが実現できます。

MDMのメリット・デメリット

では具体的に、MDMを利用することでどのようなメリット、デメリットがあるのでしょうか?詳しく見ていきましょう。

MDMのメリット

まずは、MDMを導入するメリットについて見ていきたいと思います。MDMを導入するメリットは、大きく分けて2つあります。

メリット①デバイス管理の効率化

MDMを利用するメリットとしてまず挙げられるのは、デバイス管理の効率化です。MDMではデバイスの一元管理が可能となるため、アプリの一斉配信やOSアップデートといった作業も1台ずつ行う必要がありません。保有するデバイスの数が多ければ多いほど、この効率化の恩恵を受けることができるでしょう。
また、アプリの利用制限なども行えるため、必要なアプリだけを使用させるといったことも可能になります。

メリット②セキュリティ対策を強固にできる

ノートパソコンや社用携帯を従業員に貸与し、自宅などでテレワークに従事してもらうといったケースは増えてきていると思います。テレワークの利用でなくても、従業員が外出時に社用携帯を利用するといったことはごく一般的なことだと言えるでしょう。このように、会社以外でデバイスを活用する機会が増えている中で、もっとも懸念すべきはセキュリティ対策です。
MDMを導入することで、デバイスの紛失時にも遠隔ロックなどで情報漏えいを防ぐことができます。VPN設定も可能なので、遠隔であってもセキュリティ面で安心できる環境で業務に従事できます。

MDMのデメリット

続いて、MDMのデメリットを見ていきましょう。

デメリット①コストがかかる

当然ではありますが、MDMを利用するにあたりコストは発生します。利用するデバイスの台数に応じた費用が年間契約といった形で発生する点は、考慮しなければなりません。
しかしながら、MDMを導入有無に関わらず、企業のセキュリティ対策は必須です。MDMなしで担当者がデバイスを1台ずつチェックする場合を考えれば、たとえコストがかかったとしても、費用対効果の面からMDMを導入しおくほうが得策だと言えます。

BYODを誘発する可能性も

セキュリティ対策や端末への制限をしっかりかけることができるのがMDMです。たとえばアプリの利用制限などもMDMを使えば簡単に行えます。
しかし、あまりに制限をかけすぎたり、使用したいアプリの許諾に時間がかかるなどすると、利便性の低下から、従業員が私用の端末を利用するBYOD※を勝手に行う可能性があります。
BYODが許可なく行われると、私用端末からの情報漏えいにも繋がる恐れもあり、セキュリティ対策が十分に行われません。

セキュリティ面を確保は重要ですが、従業員にとっての利便性を考慮した上で制限を設けておく必要があると言えます。こうしたMDMの運用ポリシーもしっかりと検討した上でMDMを導入するのが良いでしょう。

※BYOD=Bring Your Own Device。個人が所有しているデバイスを業務で利用すること。

MDMが使われるシーン

MDMのメリット、デメリットについては理解いただけたかと思います。では実際に、どのようなシーンでMDMが利用されているのかを見ていきましょう。

学校・教育現場のタブレット活用に!

教育現場でのタブレット活用は日々進んでおり、特に「GIGAスクール構想」により生徒・児童1人1台端末の環境下での教育活動が行われるようになりました。学校の規模にもよりますが、生徒・児童だけでなく教職員の方のタブレット利用が行われるとなると、その端末数は100台を優に超えるものと想像できます。こうした大規模な数のタブレット管理にこそ、MDMが活躍します。

教育現場では、生徒・児童に向けて制限を設けたタブレット運用が必要となってきます。学年ごとにポリシーを設けて、学年が上がるごとに制限を緩和していくといった運用を行っているところもあり、MDMを活用することで効率的なICT教育が実現できているという声が挙げられています。

「教師や管理者の負担を軽減し、安全便利に学習利用できる環境を整える」。 教育現場での効率的で効果的なタブレット運用・管理を行うために、MDMは欠かせないものになるでしょう。

【教育現場でのMDM活用の例】

  • 遠隔でのアプリ一括インストールや、年次イベントごとに発生するタブレットの設定変更を実施
  • 管理者の権限設定をグループごとに設け、細やかな管理分担体制に
  • 子どもたちの利用時間に合わせたポリシー設定を行い、授業後の調べ学習を推進
  • 端末にインストールされているアプリを監視して、有害な情報へのアクセスや学習効率の低下を防ぐ

企業のテレワークやデバイス管理に!

テレワークが推進されているなか、自宅就業においてもセキュリティ面で安心できるMDMを活用している企業が多くあります。50台以下のデバイス数の企業もあれば、1000台を越えるようなデバイスを持つ企業もあり、コストパフォーマンスを求められる企業利用だからこそ効率的なデバイス管理を実現できるMDMが活躍しているのだとも言えるでしょう。

【企業でのMDM活用の例】

  • 端末紛失時には遠隔ロック機能を使い、情報漏えいを防ぐ
  • 業務アプリをまとめてVPN適用し、シャドーIT対策を行う
  • OSアップデートなどを一括で行い、デバイスを常に最新の状態に保つ

mobiconnect(モビコネクト)とは?

mobiconnectは教育現場・企業の両方で活用されているMDMです!教育分野に特化した「mobiconnect for education」と、企業向けに特化した「mobiconnect for business」の2種類のMDMを提供しています。教育分野ではシェア1位の実績を誇り、多くの企業・教育現場で利用いただいています。

mobiconnectは国産MDMとしてサポート体制も万全で、導入時もデバイス運用のノウハウに長けた営業マンが、お客様へのヒアリングを基に最適な運用プランをご提案いたします。MDM導入にお悩みみという方は、ぜひお気軽にご相談ください!

まとめ

今回は、MDMについて解説していきました。メリット、デメリットから具体的な活用方法まで、しっかりイメージいただけたのではないでしょうか。デバイス管理はこれからも企業、組織において欠かさないタスクのひとつです。MDMを導入することで、効率的な運用を実現していきましょう。