教育現場

2021.03.11

iPadで人生が変わった!市邨高校・吉田くんの場合

市邨高等学校・中学校は「未来を拓く教育」を理念に、創立113年を迎える名古屋の私立学校です。2017年度よりiPadを1人1台配布し、「文房具」として各教科の授業から生徒同士、学校と家庭を結ぶツールとして日常的に活用しています。その学びの中で、中学…

教育現場

2021.01.18

最新事例は見すぎない!タイプ別先生攻略法

他校の進んだICT教育の事例を見て、「こんな授業うちでは無理」と思ったりしていませんか?ご自身の授業スタイルを変える必要なありません!とアドバイスを送るのは大阪府豊中市にある明治20年創立の大商学園高等学校でICT戦略室・室長を務める中村天良先生。…

2020.12.15

1600台のiPadを管理!
導入から7年目の伊藤先生が伝えたいこと

立命館守山中学校・高等学校では2014年からiPadの1人1台体制を導入するなど、早くからICT教育に取り組んでいます。大量の端末の運用管理や広がる授業スタイルの選択肢など、立命館守山中学校・高等学校での事例をご紹介いただきます。また、コロナ禍の影…