mobiApps

アプリの管理・配信の効率化

対応OS

iOS / Android /Windows

導入シーン

企業

※学校・教育委員会は標準装備

mobiApps(モビアップス)は、ストアアプリや独自アプリ(In-house など)を一元管理します。
デバイスへアプリの遠隔配信も可能なため、手元にデバイスを回収することなく効率的な運用を実現します。

アプリ配信だけじゃない
4つの特徴

  1. 01Reason アプリ配布の効率化
    (Volume Purchase Program)

    管理者はVPP(※)から有償/無償アプリ(ライセンス)を一括購入し、遠隔から
    デバイスに配布および回収することが可能です。
    サイレントインストール(強制配布)も行うことができます。
    ※ VPP(Volume Purchase Program)はアップル社の提供するプログラムです。

    アプリ配布の効率化(Volume Purchase Program)の図 アプリ配布の効率化(Volume Purchase Program)の図
  2. 02Reason 対象アプリのVPN設定
    ( per app VPN )

    per app VPNは、VPN接続をアプリ単位で設定することが可能です。
    これにより、作業単位でのVPN接続の切り替えが不要となり、セキュリティを
    担保したまま、管理運用の効率化を実現します。

    対象アプリのVPN設定( per app VPN )の図
  3. 03Reason 管理対象アプリの設定・配布
    ( Managed App Configuration )

    アプリの設定が必要な場合、「設定値」を配布することで全ての端末に適用する
    ことが可能です。これにより1台ごとに設定する手間を大幅に軽減します。

    管理対象アプリの設定・配布( Managed App Configuration )の図 管理対象アプリの設定・配布( Managed App Configuration )の図
  4. 04Reason キオスク端末化
    ( Single App Mode )

    Single App Mode(アクセスガイド)はiPhoneやiPadなどのiOS端末を、
    指定した単一アプリだけが使える専用端末(キオスク端末化)として
    利用することが可能です。

    キオスク端末化( Single App Mode )の図

価格

1,920 円/台

※ 学校・教育委員会様の場合はオプションではなく、標準装備となります。